育児奮闘中の主婦であり、バレエの先生である私の日常の出来事、なんでもかんでも書いてます。

  ユキちゃんの日常のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> バレエ > 回転技  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転技

2006 - 07/29 [Sat] - 07:09

回転ものは難しいです
ピルエットやピケターン、シェネ、そしていろんなフェッテ等々…。
生徒さんたち、脚は結構しっかりしてきているので、バランスはとれるんですが、
いざ回ってみましょう!となると形が崩れてしまいがち。ああ~おしい~!
回らないで「パッセ、バランス~」は出来るのに、なぜか回ると反対の脚をパッセしてしまったり…。心配しないで下さいね、本当にそういう方、多いですから。頭でわかってても自然に反対の脚が上がってしまうのでしょう。
そして回れるようになると、今度はアームス(腕、特に肘)が下がってしまうとかで、上半身が邪魔してしまい、回転スピードが出ず、途中で降りてしまったり…。
上手な方を見ると、例えば熊川哲也さん、何回転でも最後まで上体が崩れませんね。私も昔、鈴木滝夫先生には「振り向いてからも立ってろ」とよく怒鳴られましたが(すっごくコワイ先生でしたからね)、全くその通りだと思います。
だいぶ慣れて来てる人もシングルは余裕でも、ダブルになると様子が変わってしまったり…。パッセの脚を降ろしてしまったり、腕が低くなったり、重力にさららえず、もったいない。

もう一秒でも長くポーズを崩さないように~(せめて肘を下げていかない)と思いながら回ると、ちょっと余計に回れます。
(なかなか回りながら余裕がないとは思いますが)

暑い季節にあまりぐるぐる回ってばかりだと気分も悪くなるので、無理しないで欲しいのですが、昨日も「シェネ」で、「後のボディを早く持って行くようにしましょう」と言ったら、かなりスピードついて回ってくれた生徒さん、「早く回った方が目が回らない」と。
そうです、ボディがしっかりして正しく早く回れると、あまり目が回らないんです。
こういうところで、地味なバーレッスンで、どれだけしっかりした上体が作れてきたかがわかってしまいます。長く続けていくとそのように色々な発見もあり、楽しいです。
そして、どんどんバレエにハマっていくんですよ。
あらためてバレエって奥が深いと実感できると思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://etoileballet.blog69.fc2.com/tb.php/46-47f9229c

 | HOME | 

プロフィール

ユキ先生

Author:ユキ先生
バレエ歴40ん~年!!。バレエの先生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。